[MT4 ツール] トレード履歴をCSVファイルに簡単に保存するアプリ・スクリプト

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

以前、トレード履歴をCSVファイルに保存するMT4のスクリプトを作成しました。これは、スクリプトを1回起動するごとにチケット番号を1回入力してCSVファイルを作るものでした。そこで今回はMT4に表示されている口座履歴から全てのトレード履歴を一度に作成できるアプリ&スクリプトを作ってみました。CSVファイルはEXCELなどの表計算ソフトで開くこともできるファイルです。また、このトレード履歴ファイルは「KMFXトレード日記帳」アプリでそのまま読み込むこともできます。

(※追記 現在「KMFXトレード日記帳」にはアプリ専用の本スクリプトと同等機能のものをインストーラーと同梱しているので「KMFXトレード日記帳」ユーザーの方はそちらをお使いください。

機能

スクリプト(SaveTradeHistoryBlock.ex4)を起動すると自動的にMT4の口座履歴からデータを取得して以下の【トレード履歴選択画面】が表示されます。

 selectticketimage

【トレード履歴選択画面】

保存したいチケット番号のトレード履歴にチェックをつけて「OK」ボタンをクリックします。保存が成功するとMT4の画面に「Processing is completed!」というメッセージが表示され、チェックのついたトレード履歴が「MT4のフォルダ\Files\MT4TradeHistoryOne.csv」 に上書き保存されます。

保存されるデータのフォーマットは以下のようになります。

 maketradehistoryonesample

【トレード履歴データファイルサンプル】

 

ダウンロード


パスワードはこちら。
 

 

インストール

ダウンロードしたファイル(SaveTradeHistoryBlock.zip)を解凍して、

[Libraries]フォルダのファイルを全て ⇒ MT4フォルダ/[Libraries]フォルダ

[Scripts]フォルダのファイル ⇒ MT4フォルダ/[Scripts]フォルダ

に移動してください。

※インストール方法がわからない方はこちらを、またインディケータを簡単にインストールできるアプリもこちらで公開しているのでご自由にお使い下さい。)

※MT4のバージョンはBuild600以降で動作確認しています。Build600以前のバージョンとはインディケータ等の保存場所が異なってくるので注意してください。

※動作環境 .NET Framework 4.5 がインストールされている必要があります。

 

パラメータ

インディケータの起動時のパラメーターを指定します。

● 起動時に 「全般」タブ の [DLLの使用を許可する] にチェックをつけてください。

setscriptparamter1

● 「パラメータの入力」 タブ

setscriptprameter2

      • DiffTime MT4の日本時間と時差(時間単位)

 

参考

この機能と連動してトレード日記をつけるアプリケーションも公開しています。MT4でトレードした結果が一発でトレード日記に反映される(手動でデータを入力する必要がない)ということです。是非、お試しください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です