FX 自分の「形」をつかむ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

今回は自分の「形」について考えたいと思います。

「形」というのは、チャートの「形」でもあり、トレードの「形」でもあり(長期、短期等)、オーダーの「形」(順張り、逆張り)でもあり、勝率でもあります。何度も何度も自分のトレードを検証することによって、失敗のトレードとともに成功のトレードが見えてきます。ただし、失敗のトレードというのは、どんな形であれ大体同じような失敗になるんですよね。”ポジポジ病”とか”資金管理失敗”とか”損切りできない”とか”頭に血が上って・・・”とか。なので、失敗トレードを減らすことは、残念ながら精神論になってしまいますね 😆  そこをある程度克服した上で大切な事が、勝ちトレードの形を何度も頭にたたきこむわけです。そしてその形になるまでひたすら「待つ」ことです。(※「待つ」ということも難しいんですけどね。。)その形になったと思っても勿論その通りにならない場合があり、そのような勝つ形のはずが負ける場合、、その形も自分の形にします。その形というのは、人それぞれの「形」によって違うわけです。例えば、短期が苦手な人もいれば長期が苦手な人もいて、極端なことを言えばおなじタイミングでエントリーしても勝つ人と負ける人がでてきてしまうことがあります。つまり、同じことを知識でもっていても違いがでるのです。失敗を商材やEAや様々な情報の責任にしてるうちは勝てないと思います。自分の大事な資金を相場に投げるのは全て自分の責任で資金が無くなるのも資金が増えるのも自分次第ということですね。9割の人間が負け組というFX相場、どんな社会もそうだと思いますが、そんな簡単に「お金を稼ぐ」なんておいしい話はないですね。  😎

読んだ後はポチッとよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です