FX 上がる確率、下がる確率

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

現在の相場は、主要通貨で全体的に一服傾向ですね。ちょっとした戻りを少しずつ拾っている感じです。基本的に我慢している状態です。

今回は、確率について考えたいと思います。

もちろん、現在の価格から上がるのか下がるのかは誰にもわかりません。ただ、どちらかの確率が高い相場は確実にあります。例えば、日足で上昇トレンドが続いているような場合は、もちろん、下位足でも、上昇が続いているわけです。まあ、そんなことは見ればわかるし、誰でも言っているようなことだ、と思われた方もいると思います。でも、このことはどのような優位性をもってエントリーするのかを意識する上で一番大事なことです。ただし、今回はそのことを言いたいわけではなく、あくまでも「確率的に上がる可能性が高いだけだ」ということを言いたいわけです。どういうことかというと、上がる確率が6割だとすると4割は下がる確率なわけで、10回エントリーすれば6回は上がるが4回は下がります。そして、”4回連続”で下がる可能性もあるわけです。それは誰にもわかりません。エントリーした時点で上がるか下がるなんてことはわからないのです。それからできることはエントリーと逆に向かったら”損切り”することだけです。それができないため、ナンピンする、がまんするということを繰り返して「相場から退場」ということになるわけです。(※ナンピンについては色々と意見がわかれますが、僕は基本的に「これ」が正しいという手法・テクニックがあるわけではないと思っているので、ナンピンをして利益が出ている人はそれでよくて、ナンピンをして「相場から退場」するような状態になる人はナンピンが間違っていたということなんだと思っています。)

ということで、特に初心者の方に言いたいのは「必勝法」とか「聖杯」とかそんなものはどこにもなくて大事なのは確率と資金管理だということです。

初心者だったころの自分がこのことに気付いていれば、無駄な「手法探しの旅」  😥 でさまよう時間もお金も省けたかもしれないと思っています。  😀

読んだ後はポチッとよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です