FX 自動売買の難しさ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

今回は自動売買について考えたいと思います。

現在は、自動売買(システム売買)の機能を提供するブローカーや、MT4を使ったEAを作成する販売者や、自動売買に接する機会が増えていると思います。”「手法」(裁量は)勉強が必要”ということをいつも考えていますが、自動売買も同じです。僕が、自作しているEAで、例えばリピートイフダン系のものがありますが、これは最近よく耳にするいわゆるトラップリ○ートのようなものです。これは少ないですが、着実に利益を伸ばしています。(※「少ない」というのは人それぞれの価値観で同じEAでもものすごいお金持ちが使えば、ものすごい利益になります。)相場の知識なんていらないように見えますが、もちろんそうではありません。設定する値(例えば、ロット数、上下幅、選択する通貨ペア)の違いだけで、全く違った結果になります。相場によって破産する人も出てくると思います。それでは、どのような値を設定すればよいか?自動売買システムでも必ず得意な相場、そうでない相場があるので、ある時点でとても利益が出ていたがある時破産してしまったなどというものはあるわけです。これを避けるために、複数の自動売買システムが機能する相場を見極めてそれぞれポートフォリオを組むわけです。ただそのためにはたくさんの検証が必要で、EAを自分で購入するとなると沢山のお金を使って世の中に溢れているものから使えるものと使えないものを選択し、使えるものの中でさらに得意な相場を見極めるということになります。

⇒相場がわかっていなければEAを買うという行為はお金を無駄に捨てるという行為になってしまう、というわけです。EAも物を売るという行為なのですが、「通常の物」よりもさらに様々な思惑があります。裁量は難しいから、自動売買にしよう!という安易な考えで自動売買に手を出すと逆に危険なのだと思います。もっと言えば、EAを作成していて思うことは何もしないで自動でお金を稼ぐ、そんなものを作る/運営するというのは究極の形で、裁量トレードの比較にならないほど難しいのかもしれません。 😆

読んだ後はポチッとよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です