FX 簡単にトレード日記をつける

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

トレード日記で一番面倒なのは、実際のトレードの数値を書くことですよね。いつ、いくらでエントリーして、利益はいくらで、損切りは、、それを続けていくうちに絵に書いたような”三日坊主”に・・・なんてことになることもあると思います。 😆

それでも、ずっと真面目に時間をかけてトレード日記を書いている方もいるでしょう。ただ、そんなあなた!はそのトレード日記を書くためにどれだけの自分の大切時間を浪費しているか考えたことはありますか?EXCELでひたすら数字を入力して、統計をとって、グラフも書いて・・・そんな作業をしている方、、その莫大な時間の浪費を考えたら便利なツールの費用はあっと言う間に「元が取れる」といった考え方をしたことがあるでしょうか?そんな「誰でもできる作業」はツールに「やらせれば」いいんです。そんな時間があったらどれだけ「検証」ができるでしょうか?受験勉強だってそうですよね。。「ただ点数をとればいい」だけのテストだったらある程度のレベルまでは「要領がいい」人が点数を取れるだけです。つまり、要領がいい人=頭がいい人なんです。悲しいことに、、能力はほとんど変わりないのに圧倒的な「差」がついてしまうんですね。。

そこで今回は「KMFXトレード日記帳」の便利機能を紹介したいと思います。この機能はMT4を使ってエントリーをしている方限定の機能になりますが、MT4のスクリプトを使ってトレード履歴をCSVファイルに読み込み、それをさらにアプリが読み込むことで自動で日記帳にトレード記録が保存されるものです。 😯

 

1. 

MT4で[SaveTradeHistoryBlock]スクリプトを起動します。

savehistoryblock_script

2.  

日記帳に追加したいデータを選択します。

tradehistorylist

 

3. 

日記帳の「テキストファイルからトレードデータを追加する」メニューを選択する

TradeJournal_Main_Menu

 

4.

表示されたトレード利益データから日記帳に追加したいデータを選択する

tradehistorylist

 

以上です。 😉

自分で時刻やロット数、、、を入力する必要はありません。このアプリでは日記データをグラフにしたり、通貨ペアごとに集計したり、印刷をしたり・・・という機能はありますが、この日記データをEXCEL等の表計算ソフトで読み込めるCSVファイル形式で保存することもできるので、その機能だけでも、EXECELで毎回手入力しているような方たちに対しても便利なアプリだと思います。

是非、お試しください。

読んだ後はポチッとよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です