FX トレード日記書き方

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

今回はトレード日記の書き方について考えたいと思います。

トレード日記には売買の記録はもちろん、そのときの自分の心理状態を書き留め、後で振り返ることで同じ過ちを繰り返す可能性が「低く」なります。なぜ「無くなる」ではなくて「低くなる」のか?それは何度失敗をしてもほとんどの人は「色々な理由をつけて」同じことを繰り返すのです。色々な理由は相場・人によって違うのですが、後にならなければ結局失敗だった・・・ということがわからない精神状態になっているのです。もちろんそれらを全て覚えていて、実際のトレード中に反映できればいいのですが、それができる人はほとんどいないのでしょう。 だから日記を読み返します。そのことでその記憶が頭に残っていくのです。そして、売買した通貨ペア/利益/損益、を記録し自分のトレードの勝率/平均利益/平均損失/最大損失を計算します。トレードが一定になってくるとこれらの数値も一定なるので、これを繰り返せば利益が増えるかどうかもわかります。「わかる」ことで損切りも機械的にすることができるようになります。数値が残っていればEXCEL等の表計算ソフトでグラフ等を作って「視覚的」に自分のトレードを振り返ることもできます。

是非、トレード日記を付けましょう。 😀

(※FX専用のトレード日記アプリ「KMFXトレード日記帳」はこれらの機能を全て揃えています。実際のトレーダーがこんな機能があったらいいなと考えて作ったアプリケーションなのでとても便利です。もちろん、ノートや表計算ソフトに手で入力するのもいいのですが、自分のトレード記録を入力・計算する時間は膨大なものになります。全ての人の時間は平等にあります。しかし、「できる」人は何事にもひとつの事をする時間が早いのだと思います。時間はお金では買えません。そういった便利なツールを使って自分の大事な「時間」を有効に活用するのもトレード習得への近道になると思います。)

読んだ後はポチッとよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です