FX 前回トレードの決済ポジション

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

今回は前回トレードの決済ポジションについて考えたいと思います。

どういうことかというと、例えば前回の決済が損切りだったとします。そのとき、次のトレードで「取り返そう!」とか思ってロット数を上げたり、次のトレードの機会を待てずに悪いポジションでエントリーしてしまったり・・・というようなことがないでしょうか?というか必ずそのような経験はあると思います。 😆

自分のトレードの検証をしているとそのようなエントリーが結局、自分の利益が上がらない原因であることが多いのです。損切りのトレードではなく、「その次」以降のトレードが傷口を大きく広げているのです。トレードの前後には相関性はないと仮定すれば、ひとつのトレードが失敗だったからといって次のトレードにもその失敗(または成功も。。)トレードを引きずることは何の優位性もないということです。だから、何度も検証を繰り返し、自分のトレード自体に優位性を確認できているなら、何度負けても結局、確率的に利益がでるはずなので、「1回」のトレードでそのトレードは全て完結するべきだと思います。たまたま、ロットを上げて成功したとしても、トレードを繰り返すごとにそんなものはギャンブルで破産に向かっているだけなのです。ただ、「負けたものを取り返そう」とするのも人間の心理なので、それを我慢するのもメンタルということですね。

そして、そのようなことがないように”かたくな”に守ることのできる「自分のルール」をつくることが大切です。テクニカルで「MAがGoldenCrossして、RSIが・・・」というのももちろんルールですが、例えば、「損切りをした日にはトレードをしない」といったことも立派な「トレードルール」なのです。 😀

読んだ後はポチッとよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です