FX 情報に惑わされない

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

今回は世の中に溢れるFXの情報について考えたいと思います。

現在、世の中には沢山の情報が溢れています。「それ」が良いものなのか、悪いものなのか、ということなのですが、結局どっちにしても「見た人に依存する」のです。どういうことかというと、よく「○○円までは円安が進んで、それからしばらくレンジになって・・・」とか「○○円で反発○○円を抜けたら・・・」というように予想をしていたりする方々がいますが、そのようなものを見たときにそのような予想が当たるときもあれば外れるときもあるので「予想が当たった」場合にその情報を見ていた人にとってはそれが「良い情報」だったということになるのです。もちろん、相場環境を自分なりに認識(予想)しなければいけませんが、結局「確率」なわけですから上か下かなんていうのはわからないのです。ここでは、だから予想をする人やその情報が悪いと言っているのではなくてそのような情報に「自分のトレードに影響することが悪い」ということなのです。(ま、そのような情報を発信して人に影響を与えるような人の言葉や文章は良くも悪くも魅力的なもので「弱っている」ときにはどうしても「すがりたくなる」わけなんですけど・・・ 😆 )

様々な情報(EA/商材を含め)に惑われているうちは利益は増えていかないので、結局、得をするのも、損をするのも、自分なので何をするにしても最終的には信じられるのは自分だけなのです。だから自分を信じれらるようになるまで自分のトレードを検証し自信をつける、そのようにして惑わされるどころか様々な情報を逆に上から見下ろして見ることができるようしたいですね。 😉

読んだ後はポチッとよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です