FX チャート5

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

下のチャート図を見てください。(※テクニカルチャート原点を読んでいない方は最初にお読みください。)

art_chart5a

緑の線が「長期の移動平均線」で、水色の線が「短期の移動平均線」です。投資家でなくても聞いたことがあるというような有名なものですが、図のように「長期の移動平均線」を「短期の移動平均線」が上抜けした場合これを「ゴールデンクロス」と言います。(※その逆は「デッドクロス」と言います。)「ゴールデンクロス」は、下降トレンドから上昇トレンドに転換するサインになるというわけです。

それではこのサインを使った場合、実際に利益がいつも上がるか、といったら・・・となりますが、それはどんなサインやインディケータも同じことで、「ゴールデンクロス」の場合はサインが出現してもそこからレンジ状態になって、すぐに「デッドクロス」、また・・・・の繰り返しで損切りが続くといったことがあります。ただし、下降トレンド時から「ゴールデンクロス」した場合少なくともトレンドに変化があったことは知ることができます。「変化があったこと」がわかるのはとても重要なことです。インディケータ等はそれだけで利益が上がり続けるものは「ありません」。いま、自分が使っているインディケータが示している数値はチャートにおいてどのような状態を示しているのかということを自分がわからなければ、ただの「チャートの装飾」になるだけです。

そのような意味でも実際の値の平均値そのもの「ゴールデンクロス」「デッドクロス」は基本的かつシンプルかつとても重要な指標だと思います。

一度、この指標のみでトレードした場合のバックテスト(検証)をしてみると面白いですが、意外と難しい指標を組み合わせた高機能で複雑なインディケータやEAよりもいい成績になるかもしれませんよ。 😆

読んだ後はポチッとよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です