FX メンタル2

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

損切り

あなたはFXで

  • 負けて泣いたことはありますか?
  • 負けて叫んだことはありますか?
  • 負けて吐いたことはありますか?

損切りが嫌だから、どんどん損切りラインを移動する、どんどん損が増える。少しでも取り返そうとナンピン、またナンピン、そして損がまた損が増える。もうだめだ、と思って損切りをすると、その途端に価格は戻っていく。買ったら下がり、売ったら上がり、何度、エントリーしても負けてばかり。

汗水流して、耐え続けて働いたお金が、あっという間に湯水のように流れ続けるのです。苦しいですね。 😥  👿

なぜ、損切りができないかというとそのひとつの理由として、「FXは損をしてもまたすぐに利益が何倍にもなって戻ってくる」可能性があると思っているからです。

「FXは2年で1000万損しても、1年で10万円が1億円にもなる世界でしょ!」

なんて馬鹿なことを思っているからです。そうではないんです。逆に同じ金額でもその金額を稼ぐための時間はその金額を失う時間の何倍もかかると思うべきです。またそのようなルールを作るべきです。(※このあたりの話はこちらの記事でも書いています。)

損が増えても少し戻ったら安心して、そこでまだ戻るだろうと欲がでて、「よし、何倍にもして返してやろう」(※そしてまた逆行して損はもっと増えるものです。。)このような考え方を捨てるだけで、自分の決めた損切りをできる確率があがります。傷口がどんどん広がってしまう前に負けは負けとして認めるべきです。自分の決めたルールに従うことができればその負けは「次に繋がる負け」になるのです。「負け」を認めることができる人が勝ち残っていくのです。

読んだ後はポチッとよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です