FX 詐欺商材

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

今回は「詐欺商材」について考えたいと思います。

FX等、投資関係については「金」が絡むという性質上、「詐欺」と思われるものが増えてしまいます。ですが、ここでは「どれが詐欺だ」とか、そんな低レベルな話をしたいわけではありません。 😆

「物」を売るのですから、「報酬」があるのは当たり前です。それが無ければ経済が成り立ちません。また、売るために「金」、「無料」、「ダイエット」、「女」・・・と顧客を煽るのは当然なのです。

別の簡単な例を挙げると、事故被害者と保険会社、です。保険会社は自分の利益になるために事故被害者の保険請求額をなるべく少なくさせたいと思います。そのために「無知」な事故被害者は請求すれば貰えるような金額をもらえないまま、「泣き寝入り」する。逆に「知識」のあるものはそれなりの「請求」「交渉」をするわけですからそれ相応な額を請求できるのです。これも「弱い立場」の人間が「損」をする、その「損」が保険会社の利益になります。もちろん、全ての保険会社(営業マン)がそうであるとは言いませんが、そのような考えが「根本」にあるというわけです。

「弱い立場」の人間が「損」をする、そんな状況はものすごく腹が立ちます。ただ、資本主義の中で生きているわけですから、「損」が嫌だったら「弱い立場」にならないように努力・勉強するしかないのです。FXでいうと「弱い立場」というのは

この商材は詐欺だ、これも、あれも・・・本物はないの??

なんてことを言っているような人たちです。「商材」が売れるのは買う人がいるからですよね 😕 「必ず儲かる」「誰でも儲かる」「勝率○○儲かる」というような誇大広告は僕も大嫌いです。ただ、考えてみてください。「誰でも」儲かったら、FX市場が成り立ちません。「必ず」儲かるなんて事があるわけがないのです。

すごく「勉強になる」商材でも、9割の人が負けるFXわけですから、「使う人」によるわけです。だから、どの商材が「いいか」というような「議論」をしてる暇があったら、ひたすら勉強(検証・バックテスト・メンタル)を繰り返した方がいい。そんな地道なことはできない、もっと簡単に・・・なんて思って商材・EAを探しているような人は勝てるわけがありませんよね。

早く、「弱い立場」から抜け出しましょう。 😉

読んだ後はポチッとよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です