FX メンタル7

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

取引時間

負けてしまう理由のひとつとして「チャンスまで待てない」ということがあると思います。では、自分にとってのチャンスが「どのくらいの頻度で現れるか」ということを認識していますか?これは過去のトレードの検証で「自分で」見つけるしかありません。(※実際のトレードはもちろんですが、実際のトレードを仮定した仮想(シミュレーション)トレードもその手助けとなるでしょう。そしてそんな仮想トレードができるアプリケーションをこんなときのために公開しています。良かったらどうぞ。。)例えばそのチャンスが現れる可能性が高い時間に実際にトレードすることができますか?

仕事・家事が忙しく空いた時間が少ない

という方は当然圧倒的にトレードできるチャンスが少なくなります。それはしょうがないことです。ただ、そのために自分の「チャンス」でもないときにトレードしてしまう・・・そのことが「待てない」理由でもあるのです。

  • 空いた時間にパッと荒稼ぎ・・・
  • 1日5分で荒稼ぎ・・・
  • EAが勝手に荒稼ぎ・・・

なんてトレードできる甘い考えを持っていたらすぐに捨ててください。

  • 空いた時間に都合よくチャンスがくるはずがないのです。
  • 1日たった5分で利益がでるわけがありません。
  • EAが全自動で勝手に荒稼ぎしたら誰でもEAを買って誰でも大金持ちです。

チャートはいつどうなるかわからないので自分の「チャンス」になるまで「じ~っと」我慢しているのです。それが5分のときもあれば、数時間の場合もあります。空いた時間にチャートを開いて「たまたま」すぐにチャンスが現れる・・・なんて都合よい話はありません。

これは短期トレードになればなるほど当てはまる話です。短期トレードだからチャンスは多いだろう、、なんて思って「自分は時間がないからスキャルピングだよ。。」と、確かにトレードチャンスは多くなるとは思いますが、それは自分の「チャンス」が現れた時点で「ピンポイント」で「数ピップ」を抜くという、ほんとに技術がいる手法で、その「ピンポイント」が来るタイミングをひたすら待ち続けるというエントリー時間は短いがその準備は逆にものすごく時間のかかる体力が必要な手法だということをわかっていない人なのです。まず、

「自分にトレードできる時間にトレードできるチャンスはどれくらいあるのか」

検証してください。そしてそれは1日に1回かもしれないし、3日に1回かもしれないし1週間に1回かもしれません。そして「待てない」「ポジポジ病」だと思っている人は、おそらく「そのチャンス」は自分が実際にトレードがしている回数よりも確実に少ないのです。

読んだ後はポチッとよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です