FX 商材を見抜く力をつける

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

何回も商材については記事にしてそして何度も言っていますが僕は商材の中身が悪いと言っているわけではなく、「秘密の・・・」「勝率・・・・」「簡単に・・・」「誰でも・・・・」と言った題目に惹かれて、それを「買う」人たちが、その商材を買って「結果がでない」「詐欺」だ!などといっていることの方が問題だと言っているわけです。

これは「オレオレ詐欺」のような本当に何の罪もない人を騙して金を奪い取るような事に対して、「騙される方が悪い」と言っているのとはわけが違うのです。もちろん「騙されない」ように知恵をつけることは必要だと思いますが、これは100%「騙す」方が悪いというのは当然です。

ただ、FXに関しては上のような甘い言葉に惹かれるのは「楽をしてお金を儲けよう」という気持ちがどこかにあって商品を購入しているのだから、その時点で「騙す」方が100%悪いということではなくなっているのです。

商材の批評をしているサイトもよくありますが、そもそも商材で勝てるかどうかなんていうのは人によって結果が変わってくるのですからあまり意味がありません。それを詐欺だ!そうじゃない!なんて議論はなおさらのことです。まず、

「人の結果がどうのこうのではなく、自分だったらとうなるか」

ということを見抜ける力をつけるべきです。「検証」「資金管理」を繰り返していれば相場の本質(ただの確率)ということが見えてきます。たとえ、大勝ちしていなくてもその時点で様々な情報の本質が見えてきます。つまり、世の中に溢れている情報があやしいとか本物だとかは「自分なり」に見えてくるのです。そうすれば、ちょっとあやしそうなサイトをみてもほどんど「自分にとって」くだらない情報なのか、逆に必要な情報なのかを判断できるようになってきます。

「人の評判がどうのではなく、自分に必要な情報かどうか」

ということがわかるということです。そして、自分に必要だと思ったら他人が何といってようが、本でも商材でもEAでもインディケータでも購入して自分に投資すればいいのです。

○○比較サイト

なんていうものがよくありますが、○○比較サイトで紹介された商品を購入して結果が出なかった、「騙された!」なんてときに○○比較サイトで保障してくれますか?比較・順位づけしている時点で沢山の比較商品を買ってもらいたい、または買ってもらいたくない(逆に買ってほしい商品のアピール)ということなのです。もちろん、それもビジネスです。。。

結局どんな時も「自己責任で・・・」ですね。 😉

読んだ後はポチッとよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です