FX 検証の方法

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

このブログでは「検証」が大切と「しつこい」くらいに言っていますが、それはツールを使ってもらいたいということはもちろんなのですが、そのツールを作った意味は「検証」の重要性と有効性を知っているからです。どこかの商材、EA、インディケータを買うというのも一つの方法ですが、それだけでは「絶対」に利益は出ません。どうすれば利益が出るかということを考えツールを販売しているわけです。ということで、今回はメタトレーダ4(以下MT4)とkmshimomura.comのツールを使用するという前提で「検証」の方法を考えていきたいと思います。

まずMT4の画面は実際のトレードで使う画面と出来るだけ同じになるように設定します。(※例えばマルチタイムフレーム(複数の時間足)を表示する、普段使っているインディケータを表示する)そして「KMFXBackTestController」で実際に動くチャートを見ながらトレードを繰り返します。1回1回のトレード毎に「どのようなルール」で売買・決済したか、その結果の批評・反省等を「KMFXトレード日記帳」に記録します。その時点のチャート画像も「KMFXトレード日記帳」に保存します。自分のトレード記録は何よりの「宝物」です。何度も何度も見直してください。これを

1000回(売買→決済)繰り返す

のです。1000回終了した時点で、「KMFXトレード日記帳」には勝率、平均利益、平均損失、最大ドローダウン・・・・と必要な情報が記録されています。「自分のルール」がある人はその情報が自分のルールで考える結果と同じでなければ自分のルールを修正します。その修正したルールで

1000回(売買→決済)繰り返す

のです。後はこの繰り返しです 😉 この検証で利益が出ていなければもちろん実際のトレードをしても利益はでません。また利益が出ていたとしても実際のトレードで利益がでるとは限りませんが(※これが「メンタル」が絡んだ問題です。)少なくとも

自分のルールで1000回トレードをしたら利益がでる可能性が高い

ということを認識するんです。

この作業ははっきり言ってものすごく時間がかかります。ただ、「検証」は何度トレードしても実際の資産が減ることはないですし、「時間」も実際よりも比較にならないほどの少なさで、また休日のような空いた時間でFX相場が動いていない場合でもトレードを繰り返すことができます。実際のトレード時間よりも「格段に」成長する時間が早いのです。

このようにして「自分のルール」を作っていくんです。このようにして地道に努力を繰り返し作ったルールはただひとつ「信じることのできる」揺るぎない自信に繋がり、そのことは「メンタル」の強さにも繋がってくるのです。

そして、利益がでるようになるまでは

実際のトレードをしない

ことです。実際に利益がでないルールで何回トレードをしても自分の大切な資産が減る一方ですよね。。これもロット数を減らすなどど同様に資金を減らさないようにするための「資金管理」のひとつでもあります。そして「検証」「資金管理」「メンタル」がひとつに繋がっていくというわけですね。

 

関連記事

 

読んだ後はポチッとよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です