FX 僕のトレード画面

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

僕のトレード画面を公開します。

ま、公開なんてそんな大げさなものではないのですが。。 😳

mytrade_image

こんな感じです。もちろんメタトレーダを使っていますが、サブウィンドウ(※インディケータを表示する)はありません・・・

このウィンドウが複数の通貨ペアごと、複数の時間足ごと、表示できるようになっています。

どうでしょうか?

これは本ブログを少し読んでいただけるとわかると思いますが、僕は数えきれないくらいのインディケータ等を開発し(※公開しているインディケータ等そのごく一部です。)その他ツール等も開発していますので、多少なりとも・・・・インディケータ等の知識はあると思っています。だからこの画面が「何も知らない」素人の画面ではないということだけはわかっていただきたいと思います。

つまり、さまざまなインディケータ・自動売買(EA)・商材等を探す長い旅を経て 😆 最終的に(※まだまだ成長しようとは思っていますが 😀 )たどり着いたチャート画面が上の画面だということです。もちろん、その途中には「色とりどりの」「かっこよく」「さまざまなサイン」が表示されたようなチャートでインディケータをこねくり回し、唯一のサインを探したような時期もありました。それが全て悪いかというとそうではなく、自分の成長には役にたっていると思いますが、それは「反面教師」的に役に立っていることが多いと思います。自分にとってくだらないインディケータやEA(※これは人それぞれの感性で他人にとってはすばらしいものである場合もあります。)を買って、損をした、失敗をした、という「経験」が自分を成長させてくれた部分もあります。またこのような気持ちが強いほどその成長は強いものであった気がします。だから失敗を恐れずに

ただ、失敗を最速で切り抜ける

ことが大切だと思います。少し話がそれましたが、、、上のシンプルなチャート画面にはそれだけで数えきれないくらいの情報があふれているわけで、これがまたFXはシンプルだけど難しいというものでもあります。だって、上のようなチャート画面だけで上がるか下がるなんていうことを判断し、そしてああでもないこうでもない・・・と沢山の人が議論するわけですが、自分のルールに従ってエントリーしたらその後はある意味「運任せ」です。 😉

ただそれもまたFXの面白いところですよね。

読んだ後はポチッとよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です