FX メンタル18

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

目標取得Pipsを決めない

デイトレであればよく

「1日xxPips」を目標にする

などどいうことを聞きますが、初心者のうちは、少なくとも、相場のボラティリティを見てすぐに「今日はxxPips取れそうだな」とわかるレベルにならなければうちは逆に

「目標取得Pips」は決めない

方がいいと思います。せっかく勝っているのに「まだ、一日の目標に達していないから・・・」などと、トレードを繰り返すときはなぜか目標どころか勝っていた分を飛ばしてマイナスに、、、なんてことが多いわけです。相場は人の都合よく動くものではありません。以前も書きましたが、「損切り」の考え方も同じで、「損切りをxxPips」に固定してなんてことをよく聞きますが、同じxxPipsでもボラティリティによって全く違う意味のものになるのです。Pipsで固定するのではなく、あくまでも相場のチャートで決めるべきです。

ただし、「相場のチャート」で決めるという考え方ですが、トレード手法として「必ず」リスクとリワードを固定する手法の方の場合、例えばリスク1に対してリワード2にして

どんなことがあっても

このルールを守るというような場合は例外です。また、「目標取得Pips」ではなく「上限取得Pips」(例えば1日10pips以上は取らない)というようなルールの場合も例外です。これらはひたすら「機械的」にトレードを繰り返すことによって優位性を保つことができます。でも、勢いよく利益が伸びているときに10pipsとか決めたリワードで機械的に利確をすることができますか?普通の人はもう少し、またもう少し・・・・となります。損切りはチャートで「確実に」決めることができますが、利確はこのように「メンタル」が大きく影響するわけですね。ただし、この利確についても「自分のルール」を決めることで「メンタル」の負担が減ります。

このような考察の嫌になるほどの繰り返しで損切りや利確の「メンタル」への依存を少なくしていくことが最終的には「メンタル」を鍛えることにもなるわけですね。 😉

読んだ後はポチッとよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です