FX 情報からヒントを得る

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

情報からヒントを得る

現在、世の中にはFXに関する様々な情報があります。以前も記事に書きましたがその情報の中には「どうでもいい」情報から、たった一行の文章からでも「ヒント」になる情報まで沢山あります。要は同じ情報を見ていてもその情報がヒントになるものとして吸収できるかどうかは個人の能力でもあります。他の人のブログやホームページをみて「それはわかっている」

「じゃ、どうするの?」ってことが書いていない

などと思う人は既に「その」力が不足しているってことです。つまり、「じゃ、どうするの?」ってのは

自分が考える

んです。勝っている人が他人の情報を見て「じゃ、どうするの?」「じゃ、どこでエントリーするの?」「損切りはどうすればいいの?」って感じると思いますか?勝っている人はその情報から「じゃ、こうしてみよう」「じゃ、この方法もありかな?」「自分ならこう考える」etc. のように様々な考察がされるわけです。現在勝っていない人でも、このような思考で自分が考える・検証する人は少なくとも「勝ち組」に近づいているのでしょう。

例えば今実際のドル円の相場はレンジ相場でふらふらしています。

usdjpy_range_sample

 

ブログ等で「今はレンジ相場で○○と○○と○○が注意する点でサポ・レジは△・△で□□を超えたら注意です。」のようなことが書いてあったとしたら結局「そんなことは」見ればわかるのですから、そこから「じゃ、どうすればいいの?」ってことを求めているような人はそこからいつまでたっても「何も得ることはできない」わけですね。そこから「どうするか」は人それぞれのルールや性格もあるわけで「正解」はないのです。つまり同じポイントでも買う人もいれば売る人もいて最終的に利益になればいいのです。また、それならシグナル配信で 😆 なんて人は・・・ってことはわかりますよね。。

FXに限らず何でもそうですが、自分で考えることができる人は教えてもらうことだけ考えている人よりも「同じことを教えられた」としても吸収・成長するスピードが全く違います。スピードが違うだけなら、しょうがないかもしれませんが、FX(資金)には限りがあるのでその「スピード」が死活問題です。FXは少数のかっている人が大多数の負けている人のお金を奪うゼロサムゲームなのです。そしてFXをする人は「人より儲けたい」「今より儲けたい」という人なはずなので他人と同じことをしていては

差がつかない

と思います。僕もチャートの向う側にはそんな猛獣たちがいると思うとやっぱり怖い世界だなといつも思いながらトレードしています。。 😉

読んだ後はポチッとよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です