FX 検証の注意事項5

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

自分の損をしている時間を見極める

今回は特にデイトレード以下の短い間隔でトレードをする方に関してですが、検証をして自分のトレードの記録をとっていると、なぜか自分が決まって損をしている時間帯があることに気づくと思います。(指標発表等はまた別です。)これはもちろん、ボラティリティなどにも関係しますが、それだけでなく、例えば

大きく動く前に揺さぶりをかけて素人を振り落とす

ような動きがあるように見えるようなことが多い「時間帯」があります。そのような時間帯にただ、動きに飛び乗ると「買ったら下がり、売ったら上がる」ということが多くなります。これは短期になればなるほど「動く」わけですので「トレンドもなにも」なくなってしまいます。このような時間帯を認識することによって

  • その動きを利用するのか(このようなときにはボラティリティが大きくなっているので差をとることも逆に容易になります。)
  • その時間帯はトレードしない

かということを自分のトレードルールに入れることができます。もちろんどちらが「正しい」ということではなくそれは「自分のスタイル」に従って自分で決めることです。

読んだ後はポチッとよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です