FX 最小限の情報から最大限の情報を得る

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

チャートから得られる情報としては「過去の情報」があります。
その過去の情報から未来を予測してトレードするのがテクニカルトレードなのですが、その情報を数値化、可視化しているのがボリンジャーバンドやRSIといったインディケータです。
ただ、そういう意味ではローソク足自体がインディケータと言っていいのかもしれませんが。。

そして、大衆の関心が一番高い場所の集まりを結んだものラインをもとにトレードするのものがライントレードです・・・・

 

このブログへの応援です。ポチッとよろしくお願いします。

この続きはメールマガジンでご覧いただけます。興味のある方はどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です