FX インディケータ組み合わせ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

「インディケータを組み合わせていて、いろんな相場でテストし、フィルターをかけて、さらに違うインディケータを組み合わせて、またフィルターをかけて・・・結局、ほとんどトレードチャンスがなくなってしまうのですが、どのような組み合わせや考えをもって組み立てるのがよいのか?」

という問い合わせがよくあります。いつも、

「そんなものはありません。」

と答えます。何度もこのブログで記事にしていることなので詳しくは書きませんが、どの相場でも利益がでるようなものがあったら誰でも大金持ちです。

ただ、このような質問をする方は

  • 自分で考え
  • 自分で組み合わせ
  • 自分で検証

をして自分の考えをもっている人なのでこのような質問ができるのです。だから、遅かれ早かれ「そうではない」ということに気付くでしょう。

ただ、何から始めたらいいかわからないが楽をするのではなく勉強をしようとしている初心者がこの世界に入ってきたときに溢れかえるインディケータだとか、EAだとか、、そのようなものを必ず使わなくてはいけない、、という錯覚に陥ることで「勝つための道」で初めから遠回りをしている気がします。

確かに勝っている人で「その手のもの」を使っている人も沢山います。ただ、その人が勝っているのは「その手のもの」があるからではなく自分なり相場感を身に着けているから「その手のもの」を使えるのです。まだ、負けていて「このこと」を受け入れることができる人は

「インディケータ・EA」を一度全て捨ててみてください。

そして、常に自分で考えてみてください。そしてチャートをみるとまた違う世界が見えてきます。

でも、「このこと」をほとんどの人が受け入れることができずに、とにかく商材・インディケータ・EAを次から次へと探す、という世界なので「その手のもの」が溢れる、、そしてひどいときには買ったものに対して文句を言って責任を押し付ける世界になってしまっているのが現実です・・・買う人がいなければ売るものもないのですから。。ま、売る人からいえば「そんな」ことはわかっていたと思いますが。 😆

ただ、少なくとも自分で勉強して考えて上のような質問をする方々は「勝つための道」に少しずつでも近づいていると思うので、このようなちょっとして「気づき」を感じてもらいたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です