FX はゲーム感覚で!?

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

よくFXで実際のお金の価値観をもちながらトレードをするのではなく(儲かった!損した!ということを考えないで)

「ゲーム感覚で淡々とトレードするのがよい」

ということを耳にしますが、それは「大きな間違い」です。

ただ「大きな間違い」というのは条件があって「ゲーム感覚」することが「良い」のはしっかりと自分のトレードルールが検証され(固まって)しかもある程度利益が出ている状態の人がロットの大きさに惑わされずに淡々と自分のトレードを繰り返す・・・これはまさしく正しいものです。

なぜ、「大きな間違い」かというと今現在負けている人の理由が「ゲーム感覚で淡々とトレードできていない」ということでは【ない】からです。もちろん、損大利小になってしまって利益がどうしても増えないということはあるかもしれません。でも損大利小になっている時点でそれは自分のルールが確立されていない人がほとんどなのです。本当にロットの大きさに耐えられないことだけが原因で損大利小になっているなら、まずやることは「ゲーム感覚」でトレードをすることではなく、極力ロットを下げ逆に「強くお金を意識」(例えばこの負けの1万円があったら実際に何が買えるだろう・・・みたいな。)することです。(デモトレードでは意味がありません。)そこで、本当に自分が負けているのはロットの大きさが原因なのか、ということを検証するべきです。もし、ロットを下げても結果は同じ・・・ならばどんなにロットを上げてもゲーム感覚で淡々とトレードなどをしていたら、淡々と資金が減っていくだけです。。 😆

FX会社等はとにかくトレードを沢山させようとします。(それが会社の利益だからです。)たとえば、雇用統計などは会社にとってほんとに美味しいですよね。とにかくお祭りのように煽りまくって客にトレードをさせてスプレッドやらスリッページやらカモ(客)のしょっている「ネギ」をとりまくることができるのです。そんなときにゲーム感覚でトレードしていたら・・・ほんとにギャンブル中毒ですね。 😥

もし、自分が負け組ならばこのように自分の負けている原因が何なのかを考えることです。もちろん「それ」が何なのかがわからないならば、そもそも何をしても勝てないですよね。だからひたすら自分のトレード・資金管理の検証を繰り返すことだけが唯一の原因解明への道です。そしてこの道はとてつもなく厳しい道ですがどこかに必ず光が見えるはずです。 😉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です