FX NDD方式

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

以前、日本のFX会社のビジネスモデルということで記事にしましたが、今回はスプレッドについてもう少し詳しく話したいと思います。

まず、僕たちがみている為替のレートがありますが、その値を決めている場所を複数の取引銀行からなる「インターバンク市場」といいます。ただ、僕たちFX参加者が直接インターバンク市場と取引をするわけではなく、僕たちが取引(売買命令を出す)のはFXブローカー(会社)です。

FX参加者 ⇔ FXブローカー ⇔ インターバンク市場

インターバンク市場では何の利害もなく単に為替のレートを提示しているだけなのですが、問題?なのはその仲介をするFXブローカーということになります。

何が問題なのかというと、FXブローカーはFX参加者とインターバンク市場の間の仲介でなんとか利益を得ようとするわけでその方法によって様々なビジネスモデルが発生するわけです。そこで、実際の仲介方法なのですが、日本のFXブローカーに多いのがDD方式といってFX参加者の注文を自分たちで操作してインターバンク市場に流すものです。インターバンク市場への取引には一定の手数料(スプレッド)というものがあるのですが、DD方式ではほぼ一様にそのスプレッドよりも小さい値でFX参加者が取引をできます。

ではどこでFXブローカーは利益を出しているのか?

ということで、この辺りは前回お話したとおりです。つまりできるだけFX参加者に負けてほしいわけです。

それに対してNDD方式は単にインターバンク市場とFX参加者との取引をつなぐというイメージでFXブローカーが注文値を操作することはありません。ということでDD方式よりも一般的にスプレッドは高くなりますが、そのインターバンク市場とのスプレッド差が利益となるため、できるだけ長くFX参加者に取引をしてもらうためにFX参加者には勝ってほしいわけです。

そこには正反対の思惑があるというこですね  😎

確かにNDD方式はスプレッドが高い、でもユーザーに勝ち続けて(トレードを続けて)ほしいわけですから出来る限りの信頼性と透明性が必要なります。その努力を惜しまないということがメリットかと思います。

ただ、DD方式が単にスプレッドが安いから・・・というのは浅はかな考えで 😆 例えば同じスプレッド1.0pipsといってもそのスリップや約定速度(値を操作するのですからそのサーバーの処理速度が重要です)によって全く違う約定となってしまいます。0.x秒の約定速度の違いで1.0pipsなんて簡単に動くこともありますよね。そして、そのスリップや約定速度をサーバーで操作できる・・・怖いですね。。。(※現在は昔に比べてそのような悪徳業者は減っていると感じられますが、実際に「負けてほしい」のですから、業者としては「できる限りそこに」向かうということです。)

ということで今回はNDD方式について話しました。前回も話しましたが日本ではFX参加者が「それ」を望んでいるという結果(※または「それ」を理解していないということもあるのかもしれません)がDD方式が大半を占めるという状態になっている事実があり、どちらが優れていると言及することはできませんが、僕としてはその不透明さに不信感をいだきながらトレードするよりは、FXブローカもFXトレーダも共に利益が出るな方向に向かう努力をしているという透明性・信頼性の方を重要視しています。

ま、どちらにしてもFXは生き残ることが大切ですね 😉

今回は以上です。読んだ後はポチッとよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です