FX商材の失敗

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

今回は「FX商材」について。

僕は日ごろから「誰でも簡単に・・・」「秘密の手法・・・」「FXで楽々生活・・・」なんていう言葉を謳い文句にしているものを完全否定していますが(笑)、もちろんそんなものに引っかかる人間が多いからそのようなものが減らないわけですね。。

逆になぜ引っ掛かるかと言えば、「簡単に稼ぎたい」「秘密の手法がほしい」「FXで楽々生活をしたい」と思ってFXをしようと思う人が沢山いるからでしょう。もちろん、10万円を1000万にしたとか、今FXだけで食べていて毎日おいしそうな食事をWebにアップしてという人もいないとは言いません。ただ、そんな人はほんの数パーセントでその裏でそれこそ大切な大切な貯金を全て溶かしてしまって、取返しのつかないことに・・・なんて人がそれこそ腐るほどいるのです。

今までの人生で何でもいいですが、自分が上位数パーセントの枠に入っていたものがありますか?

あるという方はその上位数パーセントに入るために血のにじむような努力をしませんでしたか?なぜ、FXが簡単!と思うのかが逆に不思議ですよね?具体的には例えば1ヶ月資金の5%の利益を出すとすれば今の金利からすれば考えられないくらいの高利子です。(※5%と言えば10万円の資金とすると5,000円です。)例えば月に実際にFXで20万円稼ぐとしたら、すごいことですよね?ではあなたはFXで稼ごうとしてこの利益をそれこそ「すごい利益」として受け入れていますか?以前この話をしたら、

  • 20万円じゃサラリーマンの稼ぎよりも少ない、リスクを冒しているプロだからもっと利益がなければやる意味がない
  • (そもそも)だったらFXやりません・・・

などなど、やっぱり甘く考えている人が多いんだなと思ったことがあります。ただし、血のにじむような努力をすれば、ほとんどの人が月利1%前後の利益を得ることは「夢」のような話ではなく、それこそ余剰資金の投資的考えで増やすことができる知識がつけることは不可能ではないと思っています。(ま、僕で言えば血のにじむような、、と言えば、このブログでもいつも書いていますがそれこそ何年間ものバックテストを何百回も繰り返し、何年もトレード記録(日記)を毎日つけ、検証をし、実際のトレード中なんども頭に血が上ってパソコンをぶっ壊しそうになるのを我慢して(笑))

大きく話がそれてしまいましたが・・・FX商材の最大の失敗といえば、高いお金を払って騙されたことではなく(甘い考えをもって商材やEAを買って販売主に文句を言っているような人は身をもって騙された方が自分のためかもしれないですね。)

「インディケータ(テクニカル指標)を使って、この線とこの線が交差したら・・・」

なんて手法がどうのというようなことではなく、逆にそのような聖杯が「ある」と思って探し続けてしまうこと・・・この回り道があまりも長くなりすぎることで、それが「ない」と気づく前にほとんどの人が「強制退場」をくらうということではないでしょうか?

僕も実際色々商材を試しましたが、残念ながらほとんど無意味で(逆に聖杯がないと気づかせてくれたことは意味のあることかもしれません。)利益につながるものはありませんでした。というか商材を売っている人は自分は本当に「儲かっている」人もいるのかもしれませんが、それは「その人」だから、ということでこの世の中に100%「自分の意志」が入らないトレードは存在しないでしょう。もし、それが(例えば自動売買でも)「ひとつでも」あるとすれば、FXという相場は成り立たないし、例え相場に影響がない程度にそのような「神のような」ものがあるとしても絶対に世の中に出回ることはないでしょう。そもそもそんなものを10万円そこそこで一般の人間が買えるわけないですよね 😆

じゃ、商材は全部だめなの?っていうとそうとも言えなくてさっきも「ほとんどない」と言いましたが、僕も使ってみて本当に「当たり前」のことしか言っていないし、書いてないんですが、その当たり前のことを当たり前に続けることが大切と気づかせてくれた商材があります。

「マエストロFX」

です。ただ、その辺のブログと同じように商材の広告料のために宣伝して・・・などと思われると本当に嫌なので、そのような宣伝料も一切ありません。純粋にFXで泣くような人が少しでも減ってほしい、という気持ちで紹介しています。この商材は手法とかテクニカル指標を組み合わせて・・・なんてことはほとんどありません。この商材の講師の方は本当にFXで利益が出ている、と僕が思える数少ない方の一人です。大げさかもしれませんが、この商材で学んで利益が出ない人はFXは不向きかもしれません。

この商材のおかげでたどり着いた僕の手法(手法というか考え方)ではチャートに表示するテクニカル指標は移動平均線、トレンドライン、水平線だけ。というか、もっといえばそれもほとんど必要なくほぼローソク足だけでトレードなんてことも多い。

要は、

「手法・自動売買・テクニカル指標なんてものはどんなものでも使う人によって勝てるときも勝てないときもある」

ということです。そんなことはわかってるよ 😉 という方は本当にFXで利益が出ている方なのかもしれませんね。。

すみません、今回も熱くなってしまって(笑)長くなってしまいました。

最後にポチッと応援よろしくお願いします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です