難しいことを考えない

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

株とは違ってFXはほぼ確率の世界です。トレード売買間隔が短期になればなるほど、その傾向は顕著になります。もちろん、1年以上のスパンで考えれば、世界の為替の傾向ということである程度の傾向は見えてきますが、FXで儲けよう!という人で1つのトレードをそのような長期スパンで考えている人はとても少ないかと思います。だからトレード間隔が短くなればなるほど、「ギャンブル性」が強くなります。買おうが売ろうが時の運!ということです。(※プロのディーラーのように一般の個人トレーダーに流れない情報が掴めるというような特殊な場合はまたそこに多少の優位性があるわけなので少し状況は変わってくるかとは思いますが・・・)

このような世界なので、テクニカル指標(インディケータ)をこねくり回して、どんどん「自分」で難しくしていく、、、ということをしていると際限なくドツボにはまっていくわけです。どんなにそんなことを繰り返してもそこに聖杯・必勝法などはありません。(※ただし、例えばFRBなどの重要発言をコンピュータで解析して限りなく早く注文をして・・・それこそそのような場面でAIなどが有効活用され・・・という流れがものすごい速さで進歩していくとは思います。ただ、それは一般人のFXとは別の世界のことでほとんどの人は「そのレベル」のものは求めていないでしょう)

チャートを俯瞰でみれば今上がっているのか、下っているのか、なんてことはそれこそ「誰でも」わかりますよね?だから最終的に

この辺りで買って(売って)ある程度放っておいて、伸びていたら決済、損切ラインを切っていたから自動的に損切していた・・・

というようなことで十分利益はでます。(利益まで行かなくても少なくとも1年や2年で資産が全部なくなり強制退場!なんていうことは絶対になくなります。)ひたすら練習・検証してこの「この辺り」と「伸びていたら・・・」という自分なりの感覚を掴むことが必要なんです。(僕はインディケータなどはほどんど使っていませんが、もちろん、感覚を掴むツールのひとつとしてインディケータがある、ということならばそれはそれで意味があるものだとは思います。)

もちろん、FXは一か八かのギャンブルで別に資金が0になってもいいという人はどんどん高レバレッジでスキャルピングでもなんでも繰り返してください。そういうふうにお金を浪費することで「ストレス発散」になるという人もいるでしょう。もちろん、ギャンブルだから宝くじのように大金もちになる人もほんの一握りはいると思いますが。。。ただ、「そこ」を目的としていないならとにかく無駄なトレードを無くす(トレード回数が増えてうれしいのはFX会社だけです。)

世の中においしい話はありません。楽をしたい・・・なんて思っている人こそ楽にならないものなのですね。

1日1回  😉 、最後にポチッと応援よろしくお願いします!

==========================
◆◆ トレード検証・バックテスト・便利ツール ◆◆

FXには必須!あなたのFXトレードの質が劇的に変わる!!

KMFXアプリケーションセット

是非、お試しください。
==========================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です