[MT4 スクリプト] トレード履歴をCSVファイルに保存する

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

トレード日記をつけたりするときに、通貨ペアとか、時間とか、入力するのは面倒ですよね。。ということで指定した注文番号のトレード履歴をCSVファイルに保存するスクリプトを作ってみました。

※スクリプトというのはMT4から起動したとき、で1回の起動に対して1回の実行をするプログラムです。

※本スクリプトはトレード履歴をCSVファイルに保存するものですが、このCSVファイルを読み込むことのできるトレード日記アプリも作っています。良かったらこちらもお使いください。

 

 2014/06追加

こちらにMT4の口座履歴に表示されているトレード履歴を一度に取得して、指定したトレードのみを保存できるアプリ・スクリプトも公開しました。トレード履歴に興味のある方はこちらも合わせて使ってみてください。

 

機能

SaveTradeHistory

      1. パラメーターの入力画面で、買い/売り → 決済 までが終了したトレードの注文番号を指定して「OK」ボタンをクリックします。
        (※注文番号はメタトレーダーのターミナル画面の口座履歴タブに表示されています。)
      2. メタトレーダーの[Files]フォルダに[MT4TradeHistory.csv]、[MT4TradeHistoryOne.csv] というトレード履歴ファイルが2つ作成されます。ファイルは二つともに以下のフォーマットで保存されます。

通貨ペア;日付時刻;注文種類;ロット数;値;利益(円);利益(pips)

※スクリプトを実行するごとに、[MT4TradeHistory.csv] はファイルに自動的にトレード履歴が追加され、[MT4TradeHistoryOne.csv] は最新のトレード履歴1つだけ常に保存されます。
※日付時刻は自動的に時差(日本時間)を加えてファイルに保存されます。
※注文オープン時の利益は自動的に0になります。
※スワップ確定の注文番号はファイルに反映されません。

インストール

ダウンロードしたファイル(SaveTradeHistory.zip)を解凍してMT4にインストールしてください。(※注意 本ファイルは「スクリプト」ですので「Scripts」フォルダにコピーしてください。)

※インストール方法がわからない方はこちらを参照してください。

パラメーター画面

SaveTradeHistory_Parameter

    • TicketNumber 注文番号を指定します。
    • DiffTime 時差を指定します。(※お使いの取引会社によって異なります。)

ダウンロード

ダウンロードはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です