FX はゲーム感覚で!?

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

よくFXで実際のお金の価値観をもちながらトレードをするのではなく(儲かった!損した!ということを考えないで)

「ゲーム感覚で淡々とトレードするのがよい」

ということを耳にしますが、それは「大きな間違い」です。

ただ「大きな間違い」というのは条件があって「ゲーム感覚」することが「良い」のはしっかりと自分のトレードルールが検証され(固まって)しかもある程度利益が出ている状態の人がロットの大きさに惑わされずに淡々と自分のトレードを繰り返す・・・これはまさしく正しいものです。

なぜ、「大きな間違い」かというと今現在負けている人の理由が「ゲーム感覚で淡々とトレードできていない」ということでは【ない】からです。もちろん、損大利小になってしまって利益がどうしても増えないということはあるかもしれません。でも損大利小になっている時点でそれは自分のルールが確立されていない人がほとんどなのです。本当にロットの大きさに耐えられないことだけが原因で損大利小になっているなら、まずやることは「ゲーム感覚」でトレードをすることではなく、極力ロットを下げ逆に「強くお金を意識」(例えばこの負けの1万円があったら実際に何が買えるだろう・・・みたいな。)することです。(デモトレードでは意味がありません。)そこで、本当に自分が負けているのはロットの大きさが原因なのか、ということを検証するべきです。もし、ロットを下げても結果は同じ・・・ならばどんなにロットを上げてもゲーム感覚で淡々とトレードなどをしていたら、淡々と資金が減っていくだけです。。 😆

FX会社等はとにかくトレードを沢山させようとします。(それが会社の利益だからです。)たとえば、雇用統計などは会社にとってほんとに美味しいですよね。とにかくお祭りのように煽りまくって客にトレードをさせてスプレッドやらスリッページやらカモ(客)のしょっている「ネギ」をとりまくることができるのです。そんなときにゲーム感覚でトレードしていたら・・・ほんとにギャンブル中毒ですね。 😥

もし、自分が負け組ならばこのように自分の負けている原因が何なのかを考えることです。もちろん「それ」が何なのかがわからないならば、そもそも何をしても勝てないですよね。だからひたすら自分のトレード・資金管理の検証を繰り返すことだけが唯一の原因解明への道です。そしてこの道はとてつもなく厳しい道ですがどこかに必ず光が見えるはずです。 😉

KMFXOrderController バージョンアップ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

kmfxordercnt_maintag1

MT4のワンクリック注文/分割注文/ロット計算/インディケータの組み合わせで作る自動売買/アプリケーション 「KMFXOrderController」をバージョンアップしました。

今回はご要望が多かった機能で

  • 成り行き・指値・逆指値のS/L、T/P単位をpipsで指定できる機能
  • ロット計算の計算範囲をpipsで指定できる機能

を追加しました。

是非、お試しください。

価格安くて怪しい!?

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

最近、このkmshimomura.com製品が安くて逆に怪しいんじゃないか?・・・

なんて事を耳にすることが多くなりましたが、以前も言いましたが怪しくありません(笑)。逆にそのように「怪しいんじゃないか?」って疑うような方は他社やその他の製品の価格や内容をしっかりとリサーチされていてその上で当方の製品と比較しその価格・内容が怪しいのではないか 😎 と考える方が多いような気がします。ということで内容の「わりに」価格が安いのでそのように思うようですが、それは僕にとってはうれしいことです。。。

ただ、逆に「金を取るの?」という方もいます。そのような方はとにかく「無料」ということを基準に考えるので例え100円でも「代価を払う」という行為を嫌がるので、結局どんなに価値のあるものでも、価値のないものでも同じで提供者からみれば「価値」を追求する意味がないということになります。(※もちろん価値観は人によって違うので100円でもそれがでもすごい価値を要求するに値するものだと考える人もいて当然だと思いますが。。)

ひどいときにはその無料コンテンツにさえ文句を言っている方もいます。例えばFX動画・解説等のコンテンツを公開したり、FX会社の口座開設とのタイアップ等で埋めつくされているようなホームページを公開している方が多いですが、動画・解説とうのコンテンツは無料ですがそのようなタイアップではFX会社からのスポンサー収入があります。コンテンツを求める人が増え(無料含む)その収入でさらに動画・解説等を充実させていく・・・特に何も悪いところ間違っているところはありません。(ただし、一見解ですが、僕自身としてはユーザーにとってメリットにならないと「思われる」情報を勧めるようなことはあまり好きではないので、そのようなただの会社比較・商材比較のようなサイトは作っていません。実際に僕のところにもFX会社よりタイアップ等の話はありますが、 これ以後もよっぽど僕が納得できるものでなければこのサイトで勧めることはないかとは思います 😀 )

僕は単にkmshimomura.com製品のFX関連製品に関してはFXで自分がユーザーだと仮定したときにどんな機能のアプリケーションが自分にとって便利なのか、また実際に利益を出すために必要なのかということを追求しています。またボランティアではないのでそのための代価として格安ですが(と思っていますが 😉 )代金をいただいています。そうするとFXで稼いでいるならそんなことはする必要はないんじゃないの?なんてことを言う方がいるかもしれませんが(笑)その話はまた別の機会ということで。。

もし、「怪しい」と思って購入をためらっている「側」の方であれば安心して購入してください。もし「ちょっと高いな」って思われる方も選んでいただけるとうれしいです。責任をもってサポートもさせていただきます。 😉

FX 負けて強くなる

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

現在の相場は僕にとって難しい相場になっています。難しいというか、思った方向に向かわないのでエントリーが少なくなって利益も増えない状態という感じですが。。

もちろん、その相場毎に適したトレードルールがあると思うので人が難しいと思う相場であってもまた別の人は「取れる」相場であることは当然で、良いときもあれば悪いときもある 😉 っていうことです。。

ただ、問題はその悪いときに「どのようなことをするか」で先が違ってきます。やはり、(たとえ今負けていても将来)利益を残す人は「負けた」ことを自己責任として次に生かす努力をします。負け続ける人はただ同じことを繰り返し、また何かに責任を転嫁する、、そして最終的にはFXはギャンブルだからしょうがない・・・的な発想で相場から撤退していく。。。何でもそうですが努力をすればいい・・・ということではなく、努力は報われないことが多いのですがそれを分かっていてするものが努力なんだと思います。FXも同じですね、、どれだけ努力をしたって利益が出ない人は出ない、、結局成功するのは一握りの人、、でも何だってそうなんです。

でも、たとえそうだとしても僕はそんな努力をしているような人と接するのはとても有意義なことだと思っています。というのは現在「KMFXトレード日記帳」「KMFXBackTestController」を購入してくださる方が増えていることで身をもって感じています。(※増えているといってもFX業界では当たり前の数万円とかの単位の商品ではなく格安商品ですが・・・ 😳 )これらのアプリケーションは「トレードシグナルを出してくれる!」とか「使えば誰でも利益になる!」といったものではなくそれこそ「地道」な影の努力とでもいいますか、、、そういったものです。。ただ、実際に僕もひたすら「資金管理」や「検証」をすることによって自分の考えをある程度確立することができたので、そんな地味なことを継続している方々は上のようにほんとに努力をしている方々なんだと思っています。

これからも有意義な空間を作っていくためにもひとつの方法としてアプリケーションの提供(機能向上含め)をしていきたいと思っています。またメルマガも読者数が少しずつ増えているので、そういったコンテンツも充実させていきたいと思っています。

そしてもちろん最終的な目標は皆さんも僕も一緒に利益を上げるということです 😀

 

FX インディケータ組み合わせ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

「インディケータを組み合わせていて、いろんな相場でテストし、フィルターをかけて、さらに違うインディケータを組み合わせて、またフィルターをかけて・・・結局、ほとんどトレードチャンスがなくなってしまうのですが、どのような組み合わせや考えをもって組み立てるのがよいのか?」

という問い合わせがよくあります。いつも、

「そんなものはありません。」

と答えます。何度もこのブログで記事にしていることなので詳しくは書きませんが、どの相場でも利益がでるようなものがあったら誰でも大金持ちです。

ただ、このような質問をする方は

  • 自分で考え
  • 自分で組み合わせ
  • 自分で検証

をして自分の考えをもっている人なのでこのような質問ができるのです。だから、遅かれ早かれ「そうではない」ということに気付くでしょう。

ただ、何から始めたらいいかわからないが楽をするのではなく勉強をしようとしている初心者がこの世界に入ってきたときに溢れかえるインディケータだとか、EAだとか、、そのようなものを必ず使わなくてはいけない、、という錯覚に陥ることで「勝つための道」で初めから遠回りをしている気がします。

確かに勝っている人で「その手のもの」を使っている人も沢山います。ただ、その人が勝っているのは「その手のもの」があるからではなく自分なり相場感を身に着けているから「その手のもの」を使えるのです。まだ、負けていて「このこと」を受け入れることができる人は

「インディケータ・EA」を一度全て捨ててみてください。

そして、常に自分で考えてみてください。そしてチャートをみるとまた違う世界が見えてきます。

でも、「このこと」をほとんどの人が受け入れることができずに、とにかく商材・インディケータ・EAを次から次へと探す、という世界なので「その手のもの」が溢れる、、そしてひどいときには買ったものに対して文句を言って責任を押し付ける世界になってしまっているのが現実です・・・買う人がいなければ売るものもないのですから。。ま、売る人からいえば「そんな」ことはわかっていたと思いますが。 😆

ただ、少なくとも自分で勉強して考えて上のような質問をする方々は「勝つための道」に少しずつでも近づいていると思うので、このようなちょっとして「気づき」を感じてもらいたいと思っています。

FX 裁量トレードバックテストツールサポート

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

FXで最重要項目の一つが「検証」です。勉強で言えば「予習・復習」ですね。。

「予習・復習」が面倒だということは痛いほどわかります。 😳

ただ、今勝てていない人が、そのトンネルの出口を見つけるには検証・練習以外に道はないのです。一生懸命、他の手法やインディケータを探すことではないのです。でも、

「検証」って言っても何をしたらいいの?

って人は是非「KMFXBackTestController」を使ってみてください。このツールはメタトレーダ4(MT4)というアプリケーションを使って仮想チャートで実際のトレードと同様に注文をすることができるツールです。仮想チャートというのは過去のチャートデータを使ってMT4の画面に過去のチャートを表示するものです。そしてツールが仮想アプリケーションを通常の何倍・何十倍ものスピードで動かすことができます。このことで「1年間」のトレードを「1日」でトレードを練習したりすることができるのです。

裁量バックテストツールは、他にも多数販売されているものがありますが、他のツールの料金は1万円、2万円等決して安いとは言えないものが多いですね。(※ただ、1万円、2万円でもFXの世界では”全く”高いものではないということも言えるかもしれませんが。)まず、「KMFXBackTestController」とそれらのツールを比較してみてください。その機能や値段を比較しても「格安」です。

どうしてこんなに安いの?何か怪しいんじゃないの? 🙄 

と聞かれたこともありますが、何も怪しくありません。(笑)まずこのブログが読者の方と僕がFXで利益を出すことが大前提のブログなのです。「検証・練習」するということを「くせ」にしてください。そのために誰もが安心して買えると思える値段にしています。アンケートをとっても「MT4は難しい」と思っているかたも多いようですが、そのような方には

口座開設から実際にKMFXBackTestControllerが使えるようになるまで個人的にkmshimomura.comでサポートをお約束します。(お気軽にお問い合わせください。)

もちろん、バリバリMT4を使っている方にも「KMFXBackTestController」を使っていただいているので何の心配もありません。

こちらの記事にもご紹介いただいています。良かったらご参照下さい。

 

FX 損切りをPipsで考える?

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

僕は損切りをpipsから考えないので、意外と損切りをpipsから考える人が多いことに驚きます。

「pipsから考えない」

というのは、損切りは初めに「損切りポイント」があってあくまでもそのポイントまでのpipsが「結果的に」損切りpipsになり、pipsが大きい場合にはロットを調整して、そのロットと自分の資金を管理してそのトレードのリスクとリワードが合わなかったらトレードをしない・・・だけのことです。

何も考えずに例えば「損切りは50pipsで固定」などといったものは何の意味もありません。

「何も考えずに」

と言ったのは、このような話をしてすぐに「ピン」ときているかたはたとえ「pipsで固定」といったトレードをしていたとしても、「自分のトレードポイント」を持っていて「ぎりぎり」まで待てる人、そして相場のボラティリティによってもその「pipsを臨機応変」に考えられる人で、そうでない何も考えていない人は

「誰かが」そう言ったから50pips・・・、「どこか」にそう書いてあったから20pips・・・

となんの根拠もなく決めている人が多いと思われるからです。何の根拠もない(※根拠が薄い)ような場所で例えば「逆指値」からの損切りポイント・・・なんてことをしていたら、それこそ「串刺し」で大口トレーダのいいカモです。逆に自分が勝とうとしたらそのようなカモと同じトレードをしていていは勝てないというわけです。

もし、この記事を読んでいて勝てていない方で「損切りをpipsから考えている方」はもう一度徹底的に資金管理を検証して、自分のトレードを確立するといいかもしれませんね。。 😉

このブログへの応援です。ポチッとよろしくお願いします。

FX 4/6 トレード

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

4/6 トレード EURUSD

まだまだこれからメルマガでトレードに関して語ることは山ほどあるのですが(笑)、今回は前回のメルマガ「為替市場」で話した直後のトレードで話した考え通りのトレードとなったので説明をしたいと思います。

まず、4時間足・・・・・

 

このブログへの応援です。ポチッとよろしくお願いします。

この続きはメールマガジンでご覧いただけます。興味のある方はどうぞ。

FX 為替市場

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

雇用統計、、びっくりするほどのネガティブサプライズでしたね。。
6月か9月か言われていた米金利値上げもまたわからなくなってきました。
先日のFOMCからドルストレートの動きが僕にとっては難しいものになっていますが、今回の雇用統計の結果でさらにドル買い一辺倒の大きな流れも変わってくると思っています・・・・・

このブログへの応援です。ポチッとよろしくお願いします。

この続きはメールマガジンでご覧いただけます。興味のある方はどうぞ。

FX すごい人

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

ちょっと前にインターネットで僕から見てすごい人をみたので紹介します。

ふと、Goolge Analytics でこのブログのリアルタイムアクセスを見ていると、ものすごい勢いで次から次へとページを見ている人がいて、またリファラスパムか?

(※リファラスパムとは特に見てもいないのにとにかくアクセスします。そのアクセスはGoogle Analytics の参照元ページという場所に記録に残ります。そしてGoogle Analyticsの管理者をそのページにアクセスさせようというものです。主に、Google Analyticsの管理者をターゲットにしたスパムのようです。)

と思いましたが、そのうちにkmshimomura.com製品の「KMFXトレード日記帳」のページへ飛んで、その後そのヘルプページをみていました。またしばらくすると「KMFXトレード日記帳」の購入通知が僕に届きました。そしてまたしばらくするとその購入者の方からアプリケーションの使い方の質問メールが届きました。その質問がとて鋭い質問で、

「こんな短時間にこんなことまで理解できるのか?」

とも思いましたが、僕の返答もすんなり理解していただきました。その方は購入直後でしたがヘルプをみた段階である程度のことは理解していたのだと思います。そして後からGoogle Adsenseの履歴を見るとクリック数が上がっていたのです。もちろん、それは誰がクリックしたかはわかりませんが、その数からみても上記の方が情報を入手したのではないかと思いました。

ほんとに数時間という短い時間でものすごい量の情報を入手しているのだということがわかります。僕も今でこそ「時間こそが重要」と思ってとにかく情報を早く入手するようにしているので、少しでも興味をもったものがあればすぐに自分の納得いくまで調べています。(例えばAdsenseに、「ん?」と思った情報があればすぐにクリックして内容をチェック、、、もちろんくだらない情報もありますが 😆 それが「くだらないもの」だということが理解できるようになったので「逆に」勉強になったと思えて、そしてくだらない時間を費やす時間も一瞬です。。)ただ、昔はAdsenseをクリックすると誰かが儲かってしまうから興味あってもが我慢して、、FXに関してもインディケータ・EA・商材等を探しまくって、またとにかく無料のものを探してそれが数時間もかかってやっと見つけても大したものではなく、後から有料で(有料といっても数百円でしたが・・・)とてもすばらしいものを見つけたりして、、数時間を数百円のために費やしていたのか・・・と考えると我ながら器が小さいな、、 😳 また今考えるともったいないことをしていたなと思います。。(※ま、今現在についてはその辺りで売られているインディケータくらいなら自分ですぐに作れるので数百円でインディケータを買う・・なんてことはしませんが。。)

ただ、無料のものは全部悪いと言っているわけではなくて初めから「金は払わない」という考えが頭にあるとほんとたった1000円でも最初から候補にないものになるので昔の僕のように無駄な時間を費やしてしまうということになるのです。また「無料」ということを強く推してくるものはほぼ間違いなく「有料」のものを買わせるためのエサだということです。もちろんそれは人間の心理でまたビジネスなので当然のことですが、ユーザーの立場となって何かを求めるのであればそのような仕組みを知って行動し、自分にとって一番何が「得」なのかを考えて行動するとメリットが大きくなることが多いのです。(※ちなみに僕が無料でインディケータ・スクリプト・ツールを公開しているのはこのブログランキングに投票して応援してもらってもっと沢山の人に使っていただくことでアクセスが増えさらに新しいものを提供できるという理由からです。)

今回僕は上のような「すごい人」をみたおかげでホントに自分はまだまだ凡人でまだまだ上には上がいるんだなってことを知れてとても勉強になりました。 😉