カテゴリー別アーカイブ: MT4

よりシンプルに無駄をそぎ落としていく

 

チャート画面、、大変なことになっていませんか?

現在はMT4のようなとても優秀なトレードツールがあり例えばインディケータ(テクニカル指標)なども単純なものだけでなくとても「凝った」ものが世の中に出回っています。
そのような新しい技術が発展していくこと自体はとてもいいことだと思います。でも、インディケータは(EA:自動売買さえも・・)ただの補助ツールだということを忘れてはいけません。例えばそのようなツールで

・サインが出た!からトレード
・サインが出た!から決済

なんてことをしていないでしょうか?で、それだけならまだしもそのようなインディケータを組み合わせて

・このインディケータのサインとこのインディケータのサインが一緒に出ているときにトレードだ!・・・

なんてことをやっているうちははっきり言って勝てないでしょう。。。
もちろん、そのようなサインを「参考」にしてサインが出たけど、今回はトレード無しで・・・というような「自分の」判断ができるならばいいと思います。
というのは「サインがなぜ出たのか」という理由が自分で分かっているからです。
でもほとんどの人はなぜサインが出たのかがわからずに、このインディケータのサインは高確率だ!素晴らしい!(笑)などといってそのままトレードしている・・・そのことがまずいと言っているのです。

インディケータのサインを自分で研究して、ほかのインディケータと組み合わせて、また研究して追加して・・・ということを逆に真面目な人ほど一生懸命する。この場合、底なし沼にはまったようにどんどん難しくなって最終的にはチャートは何が何だかわからない(笑)画面になる。こんな感じでしょうか。
株は別ですが、FXはただのゼロサムゲームでほぼ確率だけと言っても過言ではないので

・たまたま上昇したときに買っていた
・たまたま下降したときに売っていた

ということでそのたまたまを損する割合よりも高くするだけと言ってもいいかと思います。
だから「大勝ち」とかは確率的にほとんどない、ということでそれはただのギャンブルです。

単純にチャートが上昇している場合はロングして、チャートが下降しているときはショートして勝ったり負けたりで少しだけ勝っている分が増えていけばいいんですよね。とにかくそういうマインドをもつことが大切だと思います。
このようなマインドになるともうオシレータがどうとかほんとに馬鹿らしくなるんですよ。もう僕のチャートはたま~~にMAが入るくらいでずっとラインとローソク足だけです。

欲を出す人間ほど負ける、欲を抑える人間ほど勝つ

とてもいい世界だと思います(笑)

 

1日1回  😉 、最後にポチッと応援よろしくお願いします!

 

==========================
◆◆ トレード検証・バックテスト・便利ツール ◆◆

FXには必須!あなたのFXトレードの質が劇的に変わる!!

KMFXアプリケーションセット

是非、お試しください。
==========================

勝率をどう決める?

 

いつも僕は「勝率は関係ない」と言っていますが、関係ないというのは勝率が高ければ利益が増えるということでも、勝率が低ければ利益が減るということでもない、ということで勝率を考えなくてもいい!という言っているのではない、ということはみなさんも理解していることだとは思います。

ということで、今回の「勝率をどう決める」というのは

自分の性格やトレード手法にあった勝率を決める

ということなんです。たとえば極端に言えば

+1pipsの利益トレードを99回繰り返し-100pipsの損失トレードをした

とすると勝率99%ですが、実際は損失・・・ということになりますね。この例では99回買ったあとに-100pipsなので-1pipsですが、あくまでも確率なので -100pips連続で負け・・・なんていうこともないことはありません。もちろん確率的にはそのあと99回勝つなので最終的には-2pipsの損失ですが、そもそも99回勝ち続けるトレードをず~~っと続けることができますか?

(※実は僕はこのようなトレードをしていた(今もしていることもある)のですが、これはいわゆる「トラリピ」系の自分の作ったEAで自動トレードでVPSで勝手にトレード!というものです。ただ、これは基本的に「負ける」ことは考えていないのでその損切幅は99%の確率でそんなことは起こらないだろう!って位置にするのです→例えばリーマンショック時の大底とか・・・
そうするとまたリーマンショックレベルのことが起こらない限りは損はしません。ま、そこまでの損切にしなくてもこれはとてもドローダウンが大きい場合があるので、得られる利益に対して余裕のある資金か必要です。1回の負けの損失は一切保証できませんが(笑)このようなEAであれば無料で配布しています。「LANDFX」というFX会社と本ブログの提携本ブログの提携で使えますので、VPSの作り方も含めてもし試したいという人がいればサポートします。)

ちょっと話がそれましたが・・・今の僕のトレードはとても勝率が低い手法になっています。極端なことを言えば勝率1割でも利益が残る感覚を維持するということを考えています。初心者の方からみれば、

ああ負けた、また負けた、まだ負けてるじゃん・・・だめだなこの人は・・・

なんてトレードかもしれません。でも何度勝ったかが問題ではなく最終的にどれだけ利益が残るか、ということなので勝った負けたの回数なんてのは僕にとって問題ではないんです。ま、こういう話になるときりがないので(笑)また別な機会に 😉

 

1日1回  😉 、最後にポチッと応援よろしくお願いします!

 

==========================
◆◆ トレード検証・バックテスト・便利ツール ◆◆

FXには必須!あなたのFXトレードの質が劇的に変わる!!

KMFXアプリケーションセット

是非、お試しください。
==========================

大人気、「FXを考える」

 

このブログでは、「FXを考える」としてFXに関するあらゆる考え方などの連載をしました。今になって 😳 とても人気投稿となっています!

FXを考える (連載)

連載では技術・メンタル面など豊富な投稿をまとめたものなので少しずつ読んでいただければと思います。

 

1日1回  😉 、最後にポチッと応援よろしくお願いします!

 

==========================
◆◆ トレード検証・バックテスト・便利ツール ◆◆

FXには必須!あなたのFXトレードの質が劇的に変わる!!

KMFXアプリケーションセット

是非、お試しください。
==========================

トラリピ

 

「トラリピ」

某FX会社が特許も取得しているトレード方法ですね。。

もちろん(!?)僕も同じような考え(手法)のトレードをMT4でのEAを使って行っています。多少異なるかもしれませんが、僕の場合は

チャートはあるレンジの中の上下を繰り返す

という考えで、ある一定の幅で反対方向に行ったらナンピンを繰り返し、戻ったら決済というように利益を積み重ねます。理論的には例えばリーマンショックのような異常事態がおこならない限り損切するようなレンジにすれば勝率100%です!もちろん僕も勝率100%ですが、、、いつも言っているように・・・わかりますよね?ま、これはこうなったときには・・・ということを頭に入れているのでその前にいかに「逃げるか」ということです。 😉

kmshimomura.comではMT4で自動で上のようなことができるEAを無料で公開しています。ただし、このEAは「自分で」利幅とか損失幅とか全て決めるてトレードのみ全自動で行ってくれるものなので動かしたら金を稼いでくれる、、といった都合のいいことは僕は一切言いませんが(笑)、自分の指定通りに全て自動で行ってくれるのだからそりゃ便利ですよね。。

ただ、僕もボランティアではないので ・・・LANDFXというFX会社の口座開設・トレードという条件で公開しています。

【kmshimomura.com  LANDFX キャンペーン】

(※LANDFXは複数口座開設ができるのkmshimomura.com製品を使う専用の口座!という使い方でもいいかと思います。)

また他にも沢山の特典もついていますのでLANDFXをご検討の方は是非、お試しください。ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

 

最後にポチッと応援よろしくお願いします!

 

==========================
◆◆ トレード検証・バックテスト・便利ツール ◆◆

FXには必須!あなたのFXトレードの質が劇的に変わる!!

KMFXアプリケーションセット

是非、お試しください。
==========================

新製品

 

いつもKMFX製品をお使いいただき、ありがとうございます。

今回、KMFX製品群に「シミュレーターアプリ」を追加!!です。

↓↓↓こんな感じです。↓↓↓

このアプリはFXのシミュレーション(テスト)を行うアプリです。KMFX製品の中にKMFXBackTestControllerがありますが、このアプリはMetaTrader4(MT4)をベースにテストを行うというものでこの製品もとてもたくさんのユーザー様にご利用いただいていますが、今回のシミュレータアプリは0からチャート機能・トレード機能・マルチタイムフレームなど全てKMShimomura.comで作成したもので、その分様々なカスタマイズが可能なのでKMFXBackTestControllerに追加できない様々な機能も追加されています。(これからも随時追加していく予定です!)

さらに、KMFXトレード日記帳と簡単に連携できるので、KMFXトレード日記帳をお使いのユーザー様はとても便利で機能が広がります。(あ、もちろん有料版でご購入いただいたユーザー様だけで、無料サンプル版は使えないので、ご了承ください。 😉 )

これを初回リリース記念ということで!無料!!で公開します。(ただし、ユーザー様それぞれ必要なテクニカル指標(インディケーター)を選び、別途ご購入いただきますが、1つ3百円前後という考えられないような 🙄 激安になる予定です。)

KMShimomura.comは全ての製品が「本当にこんなに安くていいの?」と言われることが多いですが、それでも貴重なお金を払って購入してくれるユーザー様に対してはできる限りのサービスをしたいといつも考えているので、今回はその一環でこのようなアプリのリリースとなりました。

現在公開中です!是非お試しください!!

http://kmfxsim.kmshimomura.com/page_summary.php

 

最後にポチッと応援よろしくお願いします!

KMFXBackTestController 問い合わせ

 

KMFXBackTestController での問い合わせで一番多いのが「オンラインヘルプ」でのCurrentBrokerパラメータに

[C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\MetaQuotes\Terminal\一意の文字列\history\○○○○\・・・]

の〇〇〇〇部分を指定してください・・・っていうところが分からないと。。。今回はオンラインヘルプ+で説明をしたいと思います。もちろん今回のようないちいち説明しなくても、オンラインヘルプの文だけで、十分だよ!!馬鹿にしてんのか!!って逆にいう人の方がほとんどのようですが・・・ 😎 そういう方はもちろんサラッと読み流してください!

ちょっとですね、、オンラインヘルプは公式ということで、「御堅い」文章になっていますけど 😉 、要は

上のhistoryフォルダの中に、自分の使っているFX会社名が入った○○〇〇というフォルダがあって、そのフォルダの中にマルチタイムフレームで使うデータが保存されていて、その情報を使うから自分で指定してね!ってことなんですね。それから、〇〇〇〇はFX会社によって違うしもしかしたら個人の環境によっても違うかもしれないし(※多分FX会社が同じであれば全ての環境に同じになるとは思うけど、ただ、これはMT4の仕様なので何とも言えないんです。)こちらではこの文字列!って指定することはできない、、、ということがオンラインヘルプに書いてあります。

例えば LANDFXの場合下のような・・・historyフォルダがあって

CurrentBrokerに指定する文字列としては LandFX-Demo か LandFx-Live になります。(ログイン口座がデモ口座か実口座かで指定を変えてください。)

ということで、このCurrentBrokerが正しくないとMT4の情報が読み込めないので当然マルチフレームタイムでの同期処理も動かないというわけです・・・ 😥

ただ、EAとかその辺のインディケータで勝とう!なんて思っている方だったら、こんなバックテスト(シミュレーション)とかめんどくさいことはしないでしょう。だから、このアプリを本当に沢山の方に使っていただいていて、本気で勉強しようとしている方も多いんだなと思って嬉しく思うし、自分も頑張ろう!という気になるのでとても感謝!です。

 

最後にポチッと応援よろしくお願いします!

KMFXBackTestController

 

最近KMFXBackTestControllerでMT4のバージョン対応の問い合わせが多かったので、今回は報告です。MT4 の

Version4.00 Build 1010 (現時点での最新)

に対応しています。オンラインヘルプの動作環境にはBuild600以降ということになっていますが、とりあえずそのバージョン以降から最新版まででMT4のバージョンによる動作違いはないということになります。

MT4に慣れるという意味や何より手軽に(安価にという意味です 😉 )裁量トレードのバックテストができるのでFXトレード入門者にも最適なアプリケーションです。

販売はYahoofx-onDLMarketにて販売中です。(※DLMarketでは手数料の関係で一部金額が他ショップよりも高い商品もあります。)

是非、お試しください。

 関連記事

最後にポチッと応援よろしくお願いします!

トレード履歴をMT4に表示する

 

チャート画面に簡単にトレード履歴(買・売・決済)を画像(矢印・チェック)で表示したいと思い作成したインディケータです。こちらのアプリと連動させて、アプリで登録済の情報を表示するインディケータです。

今回は「KMFXトレード日記帳」のバージョンアップに合わせたバージョンアップです。「KMFXトレード日記帳」をご購入済でMT4を使っている方は是非使ってみてください。

(あ、日記帳ユーザーの方は無料ですよ 😉 )

機能

 displayorderlogimage

インディケータを起動するだけで、「KMFXトレード日記帳」アプリに登録済のトレード履歴を全てチャート画面に表示します。
(※注意 「KMFXトレード日記帳」アプリがインストールされていないと何も表示されません。)

インストール

ダウンロードしたファイル(DisplayOrderLog.zip)を解凍して、

[DisplayOrderLog.ex4]ファイル ⇒ [Indicator]フォルダ

[KMFXFileToMT4File.dll]ファイル ⇒ [Libraries]フォルダ

に移動してください。

※インストール方法がわからない方はこちらを、またインディケータを簡単にインストールできるアプリもこちらで公開しているのでご自由にお使い下さい。)

※MT4のバージョンはBuild600以降で動作確認しています。Build600以前のバージョンとはインディケータ等の保存場所が異なってくるので注意してください。

パラメータ

インディケータの起動時のパラメーターを指定します。

● 起動時に 「全般」タブ の [DLLの使用を許可する] にチェックをつけてください。

● 「パラメータの入力」 タブ

displayorderlogparam

      • buycol 買いトレードの矢印の色
      • sellcol 売りトレードの矢印の色
      • closecol 決済の矢印の色
      • difftime MT4の日本時間と時差(時間単位)

【追加分】

      • foldername 「識別名」で入力した名前(※初期値はMyDataとなっていますが、アプリケーションに登録しているFX会社が1つの場合はこのままお使いください。)
        select_tradedatacdvfolder

 

※注意

こちらのインディケータの同等以上の機能が「KMFXトレード日記帳」の最新バージョンには含まれていますのでお試しください。

また本インディケータは「KMFXトレード日記帳」の動作を一切保証するものではなく、あくまでも便利ツールという考えでお使いください。

ダウンロード


パスワードはこちら。
 

インディケータを使う人へ

 

このブログで公開している「インディケータ」は相変わらず沢山の方に使っていただけているようです。。そしてそれに対して「ありがとう」という感謝の言葉を下さる方もいて僕もとても嬉しい気持ちになります。

ただ・・・

その方たちが勝っているのか?ということを考えると???となってしまいます。いつも言っていますがインディケータというのものはトレードを補助するための「ただのツール」なのです。そのものが勝てるサインや負けないサインを出してくれるものではないのです。自分のトレードを補助するので、トレードが全ての人に対して異なると考えるとインディケータも人それぞれに合うインディケータがあるのです。つまり、同じインディケータを使っていても勝てる人もいれば負ける人もいます。それを勘違いしていると

「勝てる」インディケータを探す

という全く無駄な時間を費やしてしまうことになるのです。僕が昔どうしても勝てなかったときに、たまたま僕が自分でプログラムを作ることができたので、

「勝てる」インディケータを作る

という考え方になりましたが、それは結局同様に「無駄な」時間を過ごしていたのです。だから、今公開している「無料インディケータ」等は僕がどうしても勝てなかったときの副産物でもあるんですね。。だからもし無料だから、、、なんて理由でインディケータを使っている方がいるとしたら時間ばかり費やして「無料より高いものはない」なんてことになるわけです。 😥

自分で作っていうのもなんですが、、今一番使っているインディケータは「Line Alert」でこれ、ラインを上回ったら、下回ったらアラートが鳴るだけです。。インディケータを否定するわけではありませんが、(※逆に究極の自動売買を目指している側で、ただそれは数十万とかそういうレベルで他人に売り出すようなものではないと思っています。)裁量トレードで使っているものはローソク足と移動平均線くらいです。(※トレードに関することはメルマガで書いているのでよかったらどうぞ。。)

世界ではスタンダードになっているMT4で、これから日本でもさらに普及すると思います。MT4は素晴らしいアプリケーションですが、他のアプリケーション・サービスでも同様に言えることですが、インディケータ・EA・アプリケーションが「金を稼いでくれる」わけではなく、最終的に判断するのは自分なのです。自分でトレードして勝てない人が、ツールを使いこなすことはできません。そんなツールを探す時間があるならまず

トレードを検証

しましょう。検証こそがどんなツールを使うにしても勝てるようになる「近道」です。相変わらず(笑)厳しいことを言いましたが、これからも負け続ける人は色々な理由をつけて逃げていくのだと思います。優しい言葉・甘い言葉で勝てるようになるわけではありません。このような厳しい事柄を受け入れて、自分を磨くことができる人「だけ」が勝ち組になっていくんだろうと思います。。。

読み終わったらポチット応援よろしくお願いします。

一括決済・キャンセル スクリプト

 

KMShimomura.com – LAND-FX システム 新コンテンツ

KM_All_Close

を追加しました。

鉄板といえば鉄板なのですが 😀 沢山のエントリーを手動で一つ一つ決済・キャンセルするのはやっぱり面倒、、、ということで作成しました。

買・売・指値・逆指値 の注文をそれぞれ指定して決済やキャンセルすることができます。もちろん、キレイさっぱりと!全て決済・キャンセルもできます。

「ポイント制」ではありますが、このコンテンツは0ポイント、つまりユーザーの方であれば完全無料です。。。

是非、お試しください。

最後に、ポチッと応援よろしくお願いします。