【MT4 インディケータ】 上下のラインブレークでアラート音を出す

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

MT4でチャートをひたすら眺めているのって疲れますよね、、
ということで現在値の上下に水平ラインを引いてそのラインのどちらかに到達したらアラート音を鳴らすインディケータを作ってみました。。
これでチャートをにらみつける(笑)時間も減るかな。。

 

機能

指定された条件の2本の水平ラインのどちらかをブレイクした場合にアラート音が鳴ります。

インストール

ダウンロードしたファイル(LineBreak Alert.zip)を解凍してMT4にインストールしてください。

※インストール方法がわからない方はこちらを、またインディケーターを簡単にインストールできるアプリもこちらで公開しているのでご自由にお使い下さい。

パラメーターの説明

LineBreak_Alert_image

  • LineColor_Down / LineColor_Up はそれぞれブレイクラインの色を指定します。
  • DownPips は指定された分だけ、現在の位置から価格の低い方向にラインを表示します。(pips)
  • UpPips は指定された分だけ、現在の位置から価格の高い方向にラインを表示します。(pips)
  • AlertLength アラート状態(指定されたラインの上下限値を超えている)の場合、アラート音が鳴る間隔(秒数)を指定します。

 

インディケーター起動後

  • 2つの表示されているラインをそれぞれ移動できます。
  • アラートが繰り返し鳴っている場合には、ラインを現在値から移動させてください。

 

追加

maintag

  • こちらにインディケータを組み合わせてサインをつくることができるアプリケーションを公開しています。今回のインディケータのより高機能版で、さらに様々な機能が追加されています。是非お試しください。

修正(最新バージョン 2014/02/02)

  • アラート状態になっている場合、アラート音のなる間隔を指定するようにしました。
  • チャートの間隔(15分足、1時間足、など)を変えても全ての間隔で共通の値位置で表示するようにしました。
  • MT4を再起動しても、前回の設定が有効になるようにしました。

 

ダウンロード


パスワードはこちら。

インディケーター/スクリプト をMT4にインストールする

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

MT4 でインディケータとスクリプトを使うためには決められたフォルダに各ファイルをコピーする必要があります。最初は少し戸惑う部分もあると思うので、今回はそのフォルダを紹介したいと思います。

 

インディケーターの場合

1.配布されたインディケーター (拡張子 ex4 )を以下のフォルダに保存する

MT4のインストールフォルダ¥experts¥indicators

(※MT4のインストールフォルダ

例:C:¥Program Files(x86)¥**** MetaTrader 4)

2.カスタムインディケータの中から

Navigator

チャート画面を開いて保存したインディケータをダブルクリックまたはチャート画面にドラッグ&ドロップします。


 

スクリプトの場合

1.配布されたインディケーター (拡張子 ex4 )を以下のフォルダに保存する

MT4のインストールフォルダ¥experts¥scripts

(※MT4のインストールフォルダ

例:C:¥Program Files(x86)¥**** MetaTrader 4)

2.カスタムインディケータの中から

Navigator

チャート画面を開いて保存したスクリプトをダブルクリックまたはチャート画面にドラッグ&ドロップします。


※注意事項(2014/2/10)

MetaTrader 4 がバージョンアップされました。このバージョンアップによって、インディケーターやEAやDLLがインストールされるフォルダーが変更になりました。この変更により、バージョンBuild 574 以降のMetaTrader 4がインストールされている環境では上記の「experts」フォルダが「MQL4」になりました。

例:C:¥Program Files(x86)¥**** MetaTrader 4¥MQL4¥Indicators
例:C:¥Program Files(x86)¥**** MetaTrader 4¥MQL4¥Scripts

実際に有効な保存フォルダはMT4メニューの「ファイル」→「データフォルダを開く」で開かれるフォルダになります。ユーザー毎に異なる「8A7614876B・・・」のようなフォルダができてその下に固定のフォーマットのフォルダができるというわけです。また、以前のバージョンでインストールされていたインディケーターなどは新しいバージョンのMT4のインストール時に自動的に新しいフォルダにインポートされるようになっていますのでそのまま使うことができます。ただ、DLLを使ったEAやインディケーターが使えなくなるといった現象もでるかもしれません。

読んだ後はポチッとよろしくお願いします。